山本凱(東京S)を代表に入れたい

現地で見たゲームが当たりでほっとしました。チケット代、高いからね。

Div1第7節結果

横浜 34-13 BR東京
東京ベイ 44-34 豊田
神戸 49-30 相模原
東京S 40-34 BL東京
静岡 34-14 花園
埼玉 45-0 東葛 

今節は5日に秩父宮ルーパスvサンゴリアスという伝統の一戦を現地で観戦。トライ&コンヴァージョンの応酬で、終わってみればPG2本差によるサンゴリアスの勝利という、実にスリリングなゲームでした。前半と後半にそれぞれイカブラ尾崎の両チームのトライゲッターがものすごいスピードで目の前を駆け抜けていったので、これだけでも元は取れたかなとw ルーパス視点で言うと、アタックの精度がやや足りなくて獲れるトライが取れなかったり、前半のシンビンに代表されるように不用意なペナルティが結果的に勝敗を分けたりと、ディテールの雑な部分があったのも事実。一方のサンゴリアス松島筆頭に大駒の個人技前提のラグビー。正直大味すぎるんですが、それでも、75分までどっちが勝つかわからない展開で、チケット代に見合う「興行」となりました。

それにしても、サンゴリアスのFW第3列のユニットは素晴らしいですね。特に7番の山本凱は学生時代から鳴らしたスーパータックルにより磨きがかかって、外国人に負けていません。桜のジャージを着せたくなるのが人情ですが、この手の身長170㎝代のFLは、外国人指導者が全く理解できない/評価しないタイプで、典型的な日本産3列。サイズ厨のジョセフ体制では代表入りはないかな・・・。ガンター、山本、姫野で組む3列、見たくないですか?

東葛は2戦連続で0封負け。埼玉相手に45失点で済んでよかったねと言いたくなるくらいです。前回のエントリーでいいわけないでしょと書いたわけですが、打開策が見えません。勝てそうなのは花園だけですよね。それも接戦で。

次週はbyeウィークでDiv1はお休み。私も観戦は休みますが、ここんところずっと考えてるチーム数問題について、備忘録がわりに書こうと思っています。

静岡、初日はいいけど、東葛はどうなの?

今節「も」面白かったですね~。

Div1第6節結果

BL東京 60-14 花園
埼玉 21-19 横浜
東京ベイ 40-38 BR東京
静岡 21-0 東葛
豊田 38-21 神戸
東京S 51-13 相模原


善戦むなしく敗戦(とドロー)が続いていた静岡についに初日が。おめでとうございます。しかも、リーグワン史上初の0封ゲームということで、アンダーカードではありましたが、なかなかに見ごたえのある試合でした。SHブリン・ホールは、デクラーク(横浜)とは違うタイプのハーフで、1プレー1プレーがキビキビしてて、見ていて爽快です。総合力の高い9番で、日本の高校生がお手本にすべき選手だと思いますね。それにしても、東葛はいいの?いいわけないけど。

今節は見ごたえあるゲームが多く、その代表格が埼玉v横浜。横浜が練りに練った埼玉対策であと一歩まで追い詰めましたが、ラスト5分でフルスロットルになった埼玉が無慈悲に逆転。トップクラブへの仲間入りを果たしたい横浜を、「まだ早い」と追い払った形でしょうか。埼玉も横浜も理詰めという意味ではリーグ屈指ですが、その理詰めの象徴でもある埼玉が残り5分で死ぬ気でトライを獲りに来たことが、トップクラブたる所以だと思うのです。最後のトライで横浜のディフェンスのフォールディングが間に合っていないのは残念でした。

次節はbyeウィーク前ということで、総力戦が予想されます。拙はBL東京v東京S@秩父宮で観戦予定。楽しみ!

ヴェルブリッツ、崩壊寸前

今節は面白かったですね。

Div1第5節結果

横浜 36-12 東葛
埼玉 38-17 BR東京
東京ベイ 25-21 神戸
東京S 51-10 花園
BL東京 63-25 豊田
相模原 27-27 静岡

BL東京v豊田の63-25というスコアは強烈でしたね。接戦でBL東京が勝つと予想してましたが、この大差はちょっと考えてませんでした。スタッツもパフォーマンスも大差はないのにこの点差はなのは何なのか。首脳陣がきちんと総括しないといけません。
個人的には会社側がそろそろ人事のことを考えないといけないレベルだと思いますが、前回のエントリーにも書いたように、W杯後の人物大移動に向けて手を打っているのかもしれませんけどね。

ちなみに、土曜日はDiv2の江東v三重を見に行ってたんですが、やはりDiv1に比べると全体的に雑というか、全体的に動き出しが遅く、もっさりしてる感じがしました。ディフェンスは激しいんですが、アタックがちょっと物足りない。面白い選手はたくさんしましたし、なにより、マテーラを生で見られたのはうれしかった。三重、昇格しないかな。

レフリー、どうにかしようぜ

埼玉と東京ベイが突出してきたような・・・。

Div1第4節結果

相模原 23-19 BL東京
横浜 74-7 花園
東京ベイ 40-7 東葛
東京S 39-19 神戸
BR東京 34-22 静岡
埼玉 34-19 豊田


特記事項は相模原がBL東京に勝利したことでしょうか。

前半はFW戦を制圧したBL東京の猛攻を相模原が耐える中、TMOなどでBL東京は思うようにスコアできずに終了。
そして、後半にFWが息を吹き返した相模原がPG含めて効果的に攻めて逆転勝ちを収めました。
天気さえよければ最高・・・とも言い切れないのが実に残念で、レフリーの笛がダメすぎたのがその理由。
試合の趨勢にかかわるプレーでほぼ誤審に近いジャッジがなされており、レフリーの笛次第では結果が違っていたなと思わざるを得ないレベルです。
特に↓のノットストレート見落としは看過しがたいものがあります。

 


(ポジショニングからしておかしいという指摘も)

リーグワンの「スッキリしない感じ」はTMOの多発と国際基準に満たない未熟なレフリングのその一因がある思うのですが、こればかりは見守るしかないのも事実。
しかし、だからと言っていつまで待てばいいのかはわからないし、リーグ側がそこを問題と思っているのかどうかも不明です。
試合を見ていても、選手たちが不満を感じてるのもわかるので、水面下でもいいので早急に打開策を進めてほしいなと切に願います。

さて、週明け月曜の朝から衝撃のニュースが。

 

イングランド協会を石もて追われたあのエディー・ジョーンズが、母国ワラビーズのHCに就任、前任者のキーウィであるデイブ・レニーは解任と相成りました。
エディーの去就は世界中のラグビーシーンの注目の的でしたが、噂のUSAやジョージアではなく豪州という点に、エディーの決意を感じます。
レニー率いるワラビーズは維新失墜がはなはだしく、世界ランクも6位前後をウロウロする始末。
W杯では予選突破すらギリギリなのでは・・・と思っていましたが、エディーの電撃就任で同組の列強にっては、一躍警戒すべき相手となりました。
注目すべきは、27年までの5年契約という点。
23年を足掛かりにして、自国開催の27年W杯でのエリス杯奪還というシナリオに、エディーは最適の人材。
ラーカムという切り札はいるものの、欧州と日本に食い物にされてる豪州協会としては、エディー・ジョーンズという劇薬に5年の歳月を懸けることになりました。

さて、23年W杯終了後は、世界の指導者が各国に散らばると思いますが、一足先にフリーランスとなったデイブ・レニーには早くも日本行きの声が。最右翼は神戸だそうですが、確かに神戸は指導陣に問題ありすぎ。またまた東京サンゴリアスとの争奪戦になるのでしょうか。

www.theroar.com.au

 

低調な正月ゲーム

お正月ブレイクが明けてリーグワン再開ですが、接戦だけども低調なゲームが多く、正直、物足りない週末となりました。

Div1第3節結果

埼玉 40-5 相模原
東京S 32-23 横浜
BL東京 29-16 静岡
花園 12-77 東京ベイ
豊田 25-29 BR東京
東葛 33-43 神戸

優勝候補の埼玉と東京ベイ以外は行ったり来たりのゲームばかりで、勝敗の行く末は手に汗握りましたが、神戸が東葛に苦戦していたり、BR東京が豊田を食っていたりと、プレーオフを目指すチームがすんなりいってないのが気になりました。上位対決の東京Sv横浜も、横浜はデクラークが本領発揮にもかかわらず、赤札で一人少ない東京Sに競り負け。勝たないとダメでしょって本気で思いました。休み明け、シーズン序盤なので大目に見たいところですが、内容的にこれではスタジアムに行く気が起きません。次節は生観戦なので期待したいところです。

さて、年末年始はありがたいことに高校・大学ふくめてラグビー三昧なのはいいのですが、レフリーの低レベル問題は相当深刻だと思います。花園なんて高校生だから文句言わないだけで、なんだそれって笛のオンパレードです。どうにかなりませんかね?

もう一つ。今週末気になった記事があります。

hochi.news

川崎への移転は確かに選択肢の一つとしてるんでしょうし、BL東京の母体である東芝川崎市のシンボル的存在ですが、「ラグビー東芝」は「東芝府中」から始まってるうえに、チーム名は「ブレイブルーパス東京」です。すごく複雑な気持ちになる記事でした。そういえば、浦安D-Rocksは今季は1試合も千葉県内でホストゲームを行いません。それってどうなの?

相模原旋風はどこまで? Div1第2節雑感

Div1第2節結果

神戸 58-36 花園
BL東京 17-7 BR東京
相模原 27-25 豊田
横浜 27-27 東京ベイ
埼玉 15-14 静岡
東京S 50-19 東葛

早くも50点ゲームが出てきてますが、そもそもDiv1の12チームは多すぎるんですね。
この話は今度というかbyeウィークに入る年末年始にするとして、
第2節の特記事項は昇格組の相模原が豊田に競り勝ったことでしょう。
前節の戦いぶりからして、相模原はただの昇格組ではないと思っていましたが、ディフェンスの粘りが顕著。
FWの強い豊田相手に2点差で勝利はフロックではありません。
また、この日が初先発だったSOシルコックのゲームメイクと正確なキックも勝因の一つで、
後発のチームに必要な、クレバーでゲームコントロールに長けた理想的な10番といえます。
いまやリーグワン随一のCTBであるマイケル・リトルの移籍は残念でしたが、チーム力全体が上がった感じがして決して侮れません。
惜しむらくは、この開幕2連勝で正月休みに入ってしまうこと。
そして、明けて第3節は埼玉とアウェー戦。真価が問われます。

その埼玉は、静岡相手に終了間際の逆転トライで1点差勝ちの辛勝。
こーゆー試合を落とさないあたりが強いですが、アタックの出来がまだまだ。
この正月休みで連携を整備したいところですね。

あと、個人的な感覚でしかないのですが、早くも試合内容に「ダレ」が見えるチームがあるのは気になります。
序盤戦だからって調整ですか? うーん・・・。

Div2を見よう!

ラグビーのリーグワンはDiv1~3の3部構成で形成されていますが、Div1の12チームに対し、2は6、3は5と変則的な構成になってます。2部に相当するDiv2は、釜石、浦安(旧NTTコム)、江東(旧清水建設)、日野、愛知(旧豊田自動織機)、三重(旧Honda)となっていますが、上位2チームに入らないとDiv1下位との入替戦に進めないので、争いは当然熾烈です。しかも、釜石と江東がちょっと遅れを取る程度で、4チームの実力がほぼ拮抗しているという、ある意味Div1よりも熾烈なリーグとなっているのが、このDiv2なのです。
さて、第1節の結果は以下の通りです。

日野 46-26 釜石
三重 27-35 浦安
愛知 30-19 江東

やはりスコア的にはほぼほぼ拮抗していて、下馬評では遅れを取ると思われていた江東も戦力はDiv1並の愛知に食らいつく展開。開幕節から激戦の様相を呈しています。24~25日開催の第2節も楽しみですが、個人的には浦安の独走を阻止したい気持ち。